IT化や地域との連携!地方の学習塾の挑戦とはいかなるものか

IT化や地域や学校との連携!地方塾の新しい試みとは?

地方学習塾の現状について

少子化により必然的に学習塾に通う子供も少なくなっているのが現状で、特に地方ではそもそも人口が少ないこともありその傾向が顕著であるといえます。
具体的には19歳以下の人口は2015年では2200万人でしたが、それが2030年には1700万人、2040年には1500万人、さらに2050年には1300万人になるとと予想されています。このような子供の人口減少により、学習塾業界の競争は今後さらに激しくなることが考えられます。
このような状態により、学習塾の競争力は、有能でかつ人気のある講師の存在や、スマホやビデオ学習をいち早く取り入れることなど、他の塾との差別化を行うことが鍵になっているといえます。生徒の奪い合いともいえる厳しい現状です。

地方学習塾の課題とは

マーケット縮小傾向である学習塾で、とりわけその傾向が顕著である地方学習塾の今後の課題とはどのようなことなのでしょうか。
有能で人気のある講師を採用する、というのは1つの課題であり解決策ではありますが、地方学習塾にとっては問題があるといえるでしょう。コストがかかるという点と、人気講師は基本的に生徒の数が多い都会の大手の塾に集まる傾向があるというのが理由です。
それでは地方にある学習塾であっても他の塾との差別化を図り今後の市場規模拡大を目指すにはどうすれば良いのでしょうか。
近年注目されているのがスマホやビデオ、音声学習などのIT化の試みや、地域や学校との協力や連携です。IT化の試みでは地方という有名講師が少ない傾向にある土地でも、室の高い講義が受けれるなど地方に嬉しいメリットがあり、地域や学校との連携では互いの問題点を補い合えるというメリットがあるのです。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ