教育がビジネスに?地方の学習塾の新たな挑戦

IT化や地域との連携!地方の学習塾の挑戦とはいかなるものか

学習塾の現状と今後の課題について

高校や大学受験に向けて学習塾に通ったという方は少なくないのではないでしょうか。
大手から個人経営の塾まで様々な学習塾が存在しますが、子供の数が減少するにあたりこちらも少なくなってきています。特に地方ではその傾向が著しく、深刻な問題となっているのが現状です。
そんな学習塾ビジネスですが、地方を中心にIT化や地域連携などにより新たなビジネスチャンスを狙う塾が増えてきています。例えばアプリ学習やオンライン講義などを取り入れるなどして人件費の削減や子供の意欲の促進などの効果を狙ったり、学力向上の必要のある地域や学校との連携をして互いに情報交換を行ったり、様々な工夫を始めている学習塾は多いようです。

デジタル学習は、今後IT化がさらに進んでいくと考えられる現代において時代に合った取り組みともいえるでしょう。また勉強嫌いな生徒にとっても寝転びながらでも出来るスマホでの学習は抵抗が少ないというメリットもあるかもしれません。
また地域や学校との連携というのは実は地方の学習塾にとっては画期的な取り組みです。塾の市場が縮小してしまっても学校に通う生徒は一定数存在するので、その学校や地域と連携することは安定的な生徒獲得につながるということになるのです。また、学校や地域、生徒にとっても、学校教育だけでは得られない受験のノウハウや情報を得られるという点で大変メリットが大きいといえるでしょう。
このサイトではそんな地方学習塾の具体的な取り組みについて解説します!

↑ページの先頭へ